パピーの時いつも涙が流れていて、かわゆいお顔がすぐにバッチくなってしまうので苦労しました。
いつもガーゼを用意しておいて、「まにウォーター」で湿らせてから拭くようにしています。
あまりに涙がすごいので、病院に行ったついでに相談すると…
何やら目薬みたいなモノをアル君の目にさし、暗い部屋に連れて行かれましたマジですか
結果は
鼻涙管(びるいかん)といって、目から鼻にかけての管があって、そこが詰まっているのだそうです。
涙等は通常、その鼻涙管を通って鼻から抜けるのですが、詰まっている仔は鼻から出す事が出来ず、涙の量が多くなってしまうのだそうです。
あの目薬みたいなモノは目からさして、鼻に抜けるかどうかを調べる為のモノでした。
液体が蛍光色になっていて、暗い部屋で確認するらしいです。
先生曰く「小型犬には多い」という事です。そういえば目の下がキチャないワンコをよく見かけます。
涙でちゃうの
涙を放っておくと、目の下がガビガビになってしまい、そうなってから拭くのは痛くてワンコがかわいそうなので、神経質なグーグーガンマはしょっちゅうアル君の顔を拭いていました。キラキラ
でもそれは、8ヶ月位までで、今では涙もそんなに流れなくなりました。
アル君男前?!
パピーの頃よりはお顔を拭く回数がずいぶん減りました。
愛犬にはいつもかわいくいてもらいたいですよねにっこり
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック