8日(土)、皮膚科専門の病院に行ってきました。

2016-10-08皮膚科専門外来

以前から気になっていた足の出来物と、口周りを診てもらいたくて。
足の出来物は初めて気づいたのが2年くらい前かな?

2016-10-08出来物2014

こんな感じでプツっとしたのが出来まして…。
気にはなっていたんですが、アルファが気にするそぶりもなく、大きさも
小さかったので、そのまま放っておいたら大きくなっちゃいました。

2016-10-16出来物

それと記憶があやふやですが、1年くらい前からかなぁ?
口の周り(左右)を異常に掻くようになりました。別に赤くなってるとか
腫れてるとかは全くないのですが、小さい頃からそんなに掻いた記憶が
無かったので気になっていました。

さすがに専門外来という事もあり、結構前に予約を入れました。
じっくりと診察して頂き、丁寧に説明もしてもらい、診察時間に1時間半
くらいかかったかも。

2016-10-09アプローチ

最初に皮膚疾患に関する治療の説明があります。

2016-10-08ホワイトボード

ホワイトボードを使ってこんな感じでわかりやすく説明してくれて、
目からウロコな情報がいっぱいでした。
さすが、専門なだけはあるね。

2016-10-08診察1

結果から言うと、足の出来物はほぼ良性だろうけど、確定はできない。
はっきりとさせたいのなら、全身麻酔で切り取って調べるしかない。
どこまでやるかは飼い主の判断。だそうです。あまり気にしなくても
大丈夫らしいです。が、これ以上大きくなっても困るし…。
レーザーメスで無麻酔で切除する事も可能らしいので、全身麻酔を
するよりはそっちの方がいいかな~。(ただ、この場合は良性か悪性かの診断は
できないそうです。)


2016-10-08診察2

それよりも口周りの痒みの方を念入りに聞かれました。
ある程度の情報は整理してきたつもりでしたが、アルファの既往歴や
性格、家族関係etc...詳しく聞かれ、答えに困ることもしばしば。
次回までに全て報告するように言われております。大変だー。

2016-10-08診察3

先生いわく、アルファはオイリー肌(脂性肌)なんだそうです。
耳の中を見ればすぐわかるそうです。
今までアルファはてっきり乾燥肌だと思っていました。

爪にマラセチア菌の痕跡があり、それが悪さをしているのではないか。
マラセチア菌は常在菌だけど、脂性の脂が栄養となり増加し、加齢で
バリア機能も衰えた為に痒みが出ているかもしれない。
アルファは唾液の量が多く、左犬歯に上唇がひっかかり口の中に入り
(口の中は菌だらけ)、湿ってる状態も原因かもしれない。

という事で、まずは薬用シャンプーで週一でシャンプーをする。
口の周りや足の間、間擦部を特に念入りにシャンプー。
シャンプー後、セラミドを体全体にスプレーする。
という、指令が!

2016-10-09シャンプー&スプレー

えーーー!シャンプーーー!しかも週一ですってーーー!
どうしよう?自慢じゃないんですが、私がシャンプーしたのなんて
1回か2回くらいしかないのに。
でもそんな事言ってられないよね。頑張るしかないよなー。

で、早速10日にシャンプーを実行!
いやー、大変だわー。泡立たせろっていったって泡立たないしさー。
誰かシャンプーの仕方教えてーーー!
週一でお店にシャンプーなんて頼めないし、頑張るしかないか。
これでカイカイが改善されるかもしれないしね。

食べ物アレルギーかも?ってちょっと思ってたから、聞いてみたら、
食べ物のアレルギーではありません。とハッキリ言われました。
さすがに皮膚科専門をうたってるだけに、検査しなくてもわかるんだー。
やっぱりすごいわ~。

2016-10-09プリントアウト

ホワイトボードの内容をプリントアウトしてくれます。

本日2回目のシャンプーです。ちゃんとできるかなぁ。
2~3週間後にシャンプーとスプレーの効果の程を診る為に再診です。
がんばりまーす!!