先日お出かけした時のこと。
信号の無い横断歩道を渡ろうとした時でした。
左側から車がきたのですが、かなり距離があったので、余裕で
渡れるだろうと思い横断歩道を渡り始めたら、全く減速をせず、
クラクションを鳴らし続けながら、その車が走ってきたのです。

えーーー!横断歩道よね?!

あまりの無謀な運転に、横断歩道を渡り切ってから運転手の顔を
ずっと睨み付けてやりました!
(窓が開いてたら怒鳴ってやろうと思ったんだけど閉まってたんだよね。)
たぶん60代くらいの男性。あのさー横断歩道は歩行者優先だよね?!
そんな交通ルールも知らないのかよ!
横断歩道でクラクション鳴らされたなんて初めてだよ!
その後もしばらく怒りがおさまらず、気分が悪くてたまりませんでした。

2016アルファの助言

そうだね。絶対にそのうち痛い目にあうんだよ、そういう奴は!

最近は交通ルールを守らない人が多いよねー。
ウィンカーを出さずに左折する人もいれば、左折が優先なのに、
おかまいなしで先に強引に右折する車がいたり…。

私も車を運転しますが、このようはルールはちゃんと守ってるし、
当たり前のことだと思うんだよね。

以上、私の愚痴でした。

↓おまけ。参考までに横断歩道に関する「道路交通法」
(横断歩道等における歩行者等の優先)
第38条
車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において
「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等
を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断
しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」
という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の
直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その
停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することが
できるような速度で進行しなければならない。この場合において、
横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする
歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、
かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
(第6節の2 横断歩行者等の保護のための通行方法)