みんなで水遊びをした後は、次の観光地へGO!

いやしの里1

そろそろお腹もすいてきたので、お昼にしようということで、やってきたのは
西湖「いやしの里 根場」。

いやしの里2

おそばとおにぎりをいただきました~。外で食べるとまた格別に
おいしいんだよねー!

いやしの里でランチ

周りはワンちゃん連ればかりでした。

いやしの里3

いいお天気だったなー!なのに何で富士山見えないんだよぉー!

いやしの里5
いやしの里4

誰ですかー?!行いが悪いのは?!

いやしの里7

私ですかー?!

このお団子は、古代米のお団子でここでしか食べられないのです。

古代米みたらしだんご

タレは黒糖ですごくおいしかったです。

ワンコ用に富士のおいしいお水も出してくれて、とても感じの良い
おっちゃんでした。

いやしの里6

次に向かったのは河口湖天上山公園の「カチカチ山ロープウェイ」。

かちかち山1

結構並んでいて、20分くらい待ちましたかね。

かちかち山2

ペットはクレートがキャリーバックに入れれば一緒に乗れます。
チケットもちゃんと別にあるんです。なんかうれしい!

かちかち山チケット

電車なんて手荷物扱いなのにねー。

鐘があったので、とりあえず一緒に鳴らしてみた。

かちかち山の鐘

忘れちゃったけど、鳴らすと良いことがあるらしい。

雲がなければ富士山が見えるはずなんだけど…。

かちかち山想像富士山

とても香ばしいニオイにつられ、ここでも団子を食べる。

たぬき団子

「たぬき団子」とてもおいしゅうございました。

かちかち山で集合写真を撮ってなかったよ!

かちかち山集合写真

なので、みんなが写ってる写真をpost

「天使のはしご」と呼ばれている雲からの光がとてもキレイだったなぁ。

カチカチ山天使のはしご

富士山は見れなかったけど、とても楽しくて充実した1日でした。
ありがとでした~。

余談ですが……。
無教養な為「カチカチ山」が太宰治の小説だと初めて知りました。
しかも、私が知ってる「かちかち山」とは全然違う内容だったとは!
子供向けの童話だとばかり思っていたけど、違うんですね。
たぬきがお婆さんを殺してお爺さんに食べさせてしまうなんて、
なんて残酷なんだー!
そして当事者のお爺さんではなくて、関係無いうさぎが仇を討つ?!
そのやり方も、結構なものですよね。
たぬきが背負っていた薪に火をつけて火傷をさせ、そこにまた
カラシを塗り、挙句の果て「泥の船」に乗せて溺死させる。
こんな内容のお話しなのに、わざわざ内容を変えてまでも
子供に聞かせる話しにする必要なんてあったのかなぁ…。

「カチカチ山」はてっきり太宰治の小説だと思い込んでいた私ですが、
間違ってました!!
もともとは昔から口づてに伝わっていた昔話を太宰治が小説にしたんですって。
お友達に教えてもらって良かったー!これ以上バカさを露呈するところだったわー!
ありがとう。 昔話って残酷なのが多いんですってー。


珍しくカメラ目線のアルファ。

かちかち山3

やっぱりアルファとさらさちゃん、似てるかもー。

かちかち山4

でもアルファよりもイヤーフリンジがきれいで、お顔もやっぱり女の子だね。