ブログをお休みしていたのは、実はアルファに健康上の問題が
起きてしまい、検査に日にちがかかったのと、今後の事を考えて
いたので、ブログを更新する気持ちになれなかったからです。

でも、アルファの症状について記録として残しておきたいので、
書くことにしました。


2014年12月12日(金)
アルファの夕飯の準備をしていると、いつもは必ずキッチンの入口に
来ていたアルファが来ない。
おかしいな~と思っていたら、リビングでお座りして動かず。
とりあえず、ごはんを台に乗せてスヌードを被せ、食べてOKの状態
なのにごはんを食べようとしない。
アルファがごはんを食べないなんて、これは絶対におかしい!
試しにお皿を顔の前まで持って行くと三分の二位食べた。
その時、よーく観察していると小刻みに体が震えてるような感じ。
しばらくすると震えもおさまり、何事もなかったようにごはんを
食べ始めた。


2014年12月16日(火)
4日後の夜、また同じような症状が出た。
私達が夕飯を食べている時、私の横の椅子に座っていたアルファが
いきなり固まり震えだした。
抱きかかえ、ソファーに移動して5分位で元に戻る。


2014年12月18日(木)
そして2日後の昼間、布製のサッカーボールで遊んでいたら、前足を
ボールに乗せたまま動けなくなってしまった。
ボールから降ろすと、立った状態で前足を上げ、やはり小刻みに震える。
何回かよろけて倒れそうになったので、危ないと思い、体を支えた。
その後震えがおさまると、はあはあと呼吸が荒くなり10分位でおさまった。


2014年12月19日(金)
翌日AM11時頃、クレートで寝ていたアルファがいきなり飛び出て
きて、椅子に座っていた私の足元に右後足を上げたままきた。
小刻みな震えは無いが、体が大きく揺れていた。
いつもアルファがくつろいでいるクッションを置くと、その上に座り、しばらく
してダウンし、落ち着いた。


これらの症状で頭をよぎるのは、「癲癇発作」。。。
しかしアルファは8歳。先天性というにはどう考えても無理がある。
後天性だとしたら、、、。あー、、、考えたくない!というのが本音。
後天性だと思いたくない私は、過去のアルファ日記を調べてみた。

2013年12月22日(日)
車の中でいきなり震え出した。と記載があった。
もしかしたら過去にも発作はあったけど、気付かなかったのかもしれない。


2014年7月15日(火)
PM5:00頃、ブラッシングをしていたら、いきなり固まり震えだし、しばらく
して落ち着く。


2014年7月16日(水)
PM9:30頃、前日と同じ症状。ハアハアと息が荒く、ソファーに座っていて、
そこで粗相をしてしまった。よだれあり。


2014年9月20日(土)
PM1:00頃、震えだし固まる。10分位で落ち着く。


2014年11月30日(日)
夕方から様子がおかしい。いつも自分からソファーや椅子に飛び乗って
いたのに、乗れなくなる。
ソファーや椅子に飛び乗らせる事はいけないんだけどね。
固まったり震えは無い。
2014年12月1日(月)・2日(火)
椅子にもソファーにも乗らず、元気もあまりなく、オモチャでも遊ばない。
やはり、動けなくなったり震えは見られず。
計3日間、元気が無かった。
こういう経緯があり、2014年12月12日(金)の症状へ。


「うちの仔に限ってそんな事はない」「そんな病気な訳がない」と思い込み
たかったのですが、やはりこれらの症状が出ている以上、放っておく訳には
いかないよね。

アルファは元気で食欲もあるし、幸い2014年12月19日以降は発作らしき
ものも全く起きていなかったので、22日、動物病院に行き、動画を見せ
症状を報告し、念の為年明けの10日に検査の予約をしました。

※12月22日より、ごはんにハーブ(トランキリティサポート)を追加。

「最初の検査」につづく。