私の勝手な思い込み&長い文章なので、面倒な方はスルーして下さい。


私はアルファに甘い。可愛がってるというより甘やかしているといった
方が正しい。
でもそれは、何度も言うけどさー、パピーの頃にかわいがってあげられ
なかったからなのですよ。

ワンコ初心者の我家は、アルファが我家にきてすぐの2ヶ月の頃に、
知人の紹介のトレーナーさんに一からトレーニングを受けたのですが、
それがスパルタでしてね。
(今思うと、知人宅のワンコは大型だったからなのかもしれません)

まだ2ヶ月のアルファに、部屋の中でもずっとチェーンカラー&短めの
リードをつけ、抱っこも膝の上に乗せるのも禁止。抱っこしなければ
ならない場合は、アルファの顔の位置を肩より下にくるようにする。
もちろんソファーに乗せたり決められた場所以外の立ち入りは禁止。
という、今思うと絶対に守れないルールを課せられていたのでした。

でもね、何も知らない私達はそれが当たり前なんだと思っていたんです。
あの頃はね。
(だから、小さい頃のアルファの写真にはチェーンカラーと紐が写ってるんだよね)

なんてったって、ドッグランも禁止だったしワンコ同士のコミュニケーション
も禁止だったのですよ。
同じトレーニングを受けてるワンコ同士でも、お尻の嗅ぎ合いはダメ。
だからアルファはお尻を嗅がれるのが苦手。自分は嗅ぐくせに。

トレーニングを受けて1年くらいは、ただただ必死で、自分の考えをもつ
余裕も無かったんだけど、ずっと一緒に過ごして、一緒に成長していく
うちに、アルファの事がかわいくてかわいくて仕方なくなってしまい、
冷静な判断ができなくなってしまったのです。
要は“可愛がる”のではなく“甘やかしたくなった”んですね。

だからその頃の私は、トレーナーの先生に怒られてばかりでした。
あまりに怒られるので、トレーニングの日は朝から胃が痛くなってたっけ。

こんな顔されちゃーね~

そんな感じだったので、2歳になる頃にトレーニングをやめてしまいました。
あのまま続けていたら、もしかしたらものすごくお利口で賢いパピヨンに
なっていたのかもしれないね。(私次第だけどさ)

中途半端にトレーニングを終わらせてしまった上に、私が甘やかしたせいで
今のアルファは、お散歩では人にもワンコにも吠える。
ワンコはみんなだけど、人はみんなって訳じゃないけどね。

以前「アニマルコミュニケーション」でも言われたとおり、アルファには
お散歩=パトロールなのです。だから吠える。

先日お散歩でその事を考えながら歩いていて、ふと思った。
そういえば私も、
「前からワンコが来ないか」
「アルファが吠えそうな要素はないか」

と周りをキョロキョロしながら歩いてた。
それってパトロールと一緒だよね?!私か?!私がそんな気持ちで
歩いてるから、アルファも同じ気持ちになるの?!

今まで何回も自分自身に言い聞かせては挫折し。の繰り返しだ。
こんな事じゃ、アルファも私も進歩なんてしない!

アニマルコミュニケーションを受けたときに言われたじゃないか。
『つながりが濃いですね。波長が全く同じですね。』
と。。。

私が真剣に向き合えばアルファは絶対にわかってくれるはず。
私の問題なんだ。このままじゃ私だけじゃなくアルファも辛いんだ。

アルファと私の繋がりはすごく濃いから信頼関係はある。と思う。
あとは主従関係だな。。。ということで、チャレンジ開始!(何回目?!爆)
結果はなんとなくだけど良い方向にいくかもしれない。なんて、
また挫折するかもしれないけど、その時はまた繰り返せばいーさ。
長くなったので、そのことはまた次回にします。