FC2ブログ

何回かブログにも書きましたが、アル君のボールへの執念たるや、凄まじいものがあります。
ボール遊びをしていると、私の手元が狂って(あさっての方向にいってしまうこともしばしば…)、とんでもない所にボールがいってしまうことがあります。


立入禁止エリアにボールが入ってしまった時、自分では捕獲不可能なのを充分わかっているアル君は、ママにを求めますが、禁止エリアじゃない場所で、どんなにがんばってもアル君の力じゃ絶対に取れないだろう!という場所でもあきらめず、果敢に挑んでいきます。


たとえば、こんなドアの隙間とか…
ストッパーがあるので、ちょうどボールくらいの幅しかありません。 手が届いたぞ! あきらめないぞー

手は入ってもボールは取れないと思うけどな~。ムリだと思うよ~。

そっちからじゃ取れないと思いますよ。┐(  ̄ー ̄)┌

こっちかーーー!

ドアをカリカリやっても無駄です。っていうかやめてちょうだいよぉ。ガビーン

絶対にとってやる!

どうしても、あきらめられないのね。

ところが、信じられない事がおきてしまいました。
アル君が、ボールくらいの幅しかない隙間に入り、ボールをくわえて出てきたのです。ドキッ
あまりにもビックリした私は、その奇跡的な場面の写真を撮り損ねてしまいました。


どうです!この自慢げなお顔!おまえは本当に犬なのか?!前にもこんな事が。

俺様を誰だと思ってるんだ~!

オレは犬のようで犬ではないのだ!。ハッハッハッハ


この執念「何事もあきらめない」という長所(?)を、他のことに役立てられないものだろうか、、、(~ヘ~;)
と日々思っている飼主であります。


※「モンキー・D・ルフィ」とは「アニメ ワンピース」のキャラクターでーす。( ^ー゜)b