FC2ブログ
鶏胸肉とおから野菜ごはん
鶏胸肉とおから野菜ごはん
おから、キャベツ、大根の葉、しいたけ、にんじんを煮て、鶏胸肉を解凍し紫蘇油、アルファルファパウダー、アニマストラスをかけました。

馬肉と玄米おからごはん
馬肉と玄米おからごはん
発芽玄米、おから、キャベツ、マイタケ、ニンジン、コーン、ジャガイモ、ミルクを煮て、解凍した馬肉に亜麻仁油、アルファルファパウダー、アニマストラスをかけました。

サーモンの玄米ミルクリゾット
サーモンの玄米ミルクリゾット
発芽玄米、サーモン、キャベツ、マイタケ、ニンジン、コーン、ジャガイモ、ミルク(犬用)、パルメザンチーズ少々を煮込み、アルファルファパウダー、アニマストラスをかけました。

アル君は、去勢手術と一緒に、後足の狼爪(ろうそう)切除手術をしました。
手術の朝、病院の前に車を止め、アル君の最後の雄姿を写真に撮っておこうと思い、 撮った写真がコチラです。
          ↓
手術前。

携帯電話で撮ったので、小さくて見づらいのですが、なんとなく不安そうな、なんともいえない表情をしています。
今は手術して良かったと思いますが、この写真を見ると、あの時の事が思い出され、泣けてくるのです。

手術は無事成功し、麻酔が覚める3時頃に迎えに来るように言われていたので急いで行きました。
先生のお話だと、左足の狼爪は普通でしたが右足が奇形の為、切除に少々苦労されたそうです。

※普通=骨がつながっておらず、簡単に切れる
  奇形=関節から骨がつながっている為簡単には切れない

アル君がんばったね!p(*^-^*)q

手術後。

包帯姿はとても痛々しいものです。
止血の意味もあるのかもしれませんが、かなりギューー!っと包帯が巻かれていました。
10日後に抜糸ですが、左足が腫れてきてしまい、翌日病院に行き包帯を取ってもらいました。
余計に痛々しく見えました。(T^T)

当日は元気だったのに翌日になったら、下痢と嘔吐の繰り返しで食欲も全くなく、ハウスの中でぐたーっとしてしまい、いつもの元気なアル君の姿はどこにもありません。
ワンコ飼い初心者のソニベータとグーグーガンマは不安で不安でたまりませんでした。

2人は一時(いっとき)もアル君から離れず、だた見守ることしかできず、何回も病院へ電話をする。の繰り返しでした。
もちろん夜も眠れるはずもなく、ずーっとアル君に付き添っていました。(T-T )
「このままアル君にもしもの事があったらどうしよう…」そんな事ばかりが頭をよぎりました。
心配で心配で生きた心地がしませんでした。

小さな体で具合が悪いのにトイレ場(洗面所)まで歩いて行き、〇ンチをしようとしても、もう何も出ないのに、それでも〇ンチをしようとする姿に涙が止まりませんでした。

こんなに下痢がヒドイのに、具合が悪いのに、懸命にトイレまで歩いて行く小さな後姿は今でも思い出すと涙が出てしまいます。
『いいんだよ、アル君、ここでしてもいいよ』と何度思った事でしょう。

手術2日目からようやく少しずつごはんが食べれるようになり、嘔吐もおさまり、下痢も前日よりはよくなりました。
それでようやく、化膿止めの抗生物質を飲ませる事ができるようになりました。
それからは食欲も出て元気も出てきたので一安心しました。(≧ ≦)Ω

あの時は何もできない事が歯がゆくて、ただ祈る事しかできませんでした。
それも今では大切な思い出です。こんなに元気に成長してくれたので。
いつまでも元気でいてネ♪ずーっとそばにいるよ♪

この日を境に、病院の前に行くと逃げようとします。
そりゃ、そーだよね。(^◇^;)