FC2ブログ

ブログのお友達から教えてもらった「アルミプレート」保冷方。

早速我家でも試してみましたよー!\(^◇^)

それは、ペットボトルにお水を入れて凍らせたものを「アルミプレート」の上に置く、という方法です。

ペットボトルを入れる適当な袋がなかったので、バンダナで包んでみました。

使い方はこう?

こんな感じで使うのかな?

冷たいと思うよ~♪♪

きっと冷たいのがずーっと続くよ~~

何やってんの?!

オレの血が騒ぐぜ!

おい!こら!

ガシガシ全開!!

中身出すなよー!

やっと食べれる?!

せっかく包んだのに何でほどいて出しちゃうの?!

怒られる筋合いはない!

仕方ないのでまた、包むことに。 (ー.ー")

それー!ガシガシだー!

包んでも、包んでも、懲りない男です。

あきらめないぞー!

面倒くさいので、しばらく放っておいたら・・・・・・

没、バンダナ・・・・

こんな事になっていました。
放っておいた私がアホでした。
「ガシガシ王子」のアル君を野放しにしておくなんて。
バンダナを巻いたのが悪かったのか、袋だったら大丈夫か?いや、何でも同じような気がします。
ペットボトルだけだと水滴でビショビショになっちゃうし、何かで覆わなくちゃいけないし…
何か手はないものでしょうか。。。

バンダナが1枚使えなくなりました。( T0T)

最近になってようやくお気に入りに仲間入りしたモノがあります。

それは去年購入した「アルミプレート」です。

パテラ(膝蓋骨脱臼)持ちのアル君の為に、我家にはフローリング部分がほとんどありません。
夏は暑いだろうと思い、去年アルミプレートを買ったものの、
まーーーーったく、近寄る事もなく、無理矢理近付けても、ペロペロ舐めるだけ!

新しいモノ大好きアル君のはずなのに、こればっかりはなかなか手強かったのです。(_ _,)/~~
これは失敗か。 と去年からクローゼットの奥の方へとしまい込んでおりました。

今年もダメもとで、再度チャレンジしてみる事に!
無理矢理プレートの上でダウンさせたりしてみました。
すると・・・・

冷え冷え~

どうやら、ようやくアルミプレートの良さがわかったらしいのです。
ねー、だから言ったでしょ?!
これは冷たくて気持ちいいよ~って!
そんなに大きなお耳なんだから人の言う事に少しは耳を傾けようね。今度からは♪(v^ー゚)

今ではこの通り。お気に入りとなりました。

気持ちい~の

捨てなくて良かった~~~


写真画像をイラスト風画像に変換してくれるWebアプリがありました。

「BeFunky」

たとえば、こんなアル君が

元画像


こんなアニメチックになります。

こうなります。


お試しあれ。

こんばんわ、グーグーガンマです。
びーママに「足拭き」を教わってから、散歩の後の足拭きがすっごく楽になりましたー
“超吸収タオル”メチャクチャ便利ですぅー

ドライヤーはかけなくても全然オッケーだし、その分時間が短縮できてアル君も暴れなくなりました。
もちろん教わったように体を固定させて足拭きをしているという事もあるのかもしれません。

拭き拭き♪♪楽チン楽チン♪♪


あの素材は珍しいですよね?!ペットショップなどで売られている超吸収タオルとは全く違いますね。乾いている時はカチカチで濡らすとゴムみたいな感触で濡らしてから使うなんて全く想像できませんでした。

濡らす前はカチカチです

ソニベータに“濡らしてから使うんだよ”と言うと「えーーー!濡らすの~~?!」と半信半疑で反抗的な態度でした。濡らしてから絞るんですけどねー。

濡らすとあらっ不思議!絞って使いま~す

足拭きを終わったソニベータに感想を尋ねると…「いーねーコレ!気に入った!」と賛辞の嵐でした。

何より「洗濯しなくて良くてすぐ乾く」というのはとても助かります。
あのタオルは半永久的に使用できるのでしょうか?なんだか使えそうですよね~?
今度詳しく教えてくださいねー

へへへへ最近「手作りごはん」をサボっております。。。汗
こんばんわ。ソニベータです。
みなさんは愛犬の抜毛の掃除はどのようにされていますか?

パピヨンはアンダーコートなので、抜毛が少ないと言われますが、
それでも季節の変わり目は多いです。

うちはカーペット敷きなので、以前はコロコロを使っていました。
まあ取れることは取れるのですが、毛がついたら直ぐ破っての
繰り返しにあまり感動がないというか。。

何気にペットショップにいったらこんなものを見つけました。
一毛打尽なんじゃそりゃ。
「車のシートやソファー、カーペットなどに絡みついたペットの毛が驚くほど良く取れる」
す・て・き
というわけで使ってみました。

ん!おぉー!!これはスゲー!!!カーペットをこする感覚で、
毛が集まる集まる!毛のかたまりができて感動します。

こんなに取れるとおもしろくなって、そればっかりやってしまいますね。汗;

おすすめです。