アル君は、去勢手術と一緒に、後足の狼爪(ろうそう)切除手術をしました。
手術の朝、病院の前に車を止め、アル君の最後の雄姿を写真に撮っておこうと思い、 撮った写真がコチラです。
          ↓
手術前。

携帯電話で撮ったので、小さくて見づらいのですが、なんとなく不安そうな、なんともいえない表情をしています。
今は手術して良かったと思いますが、この写真を見ると、あの時の事が思い出され、泣けてくるのです。

手術は無事成功し、麻酔が覚める3時頃に迎えに来るように言われていたので急いで行きました。
先生のお話だと、左足の狼爪は普通でしたが右足が奇形の為、切除に少々苦労されたそうです。

※普通=骨がつながっておらず、簡単に切れる
  奇形=関節から骨がつながっている為簡単には切れない

アル君がんばったね!p(*^-^*)q

手術後。

包帯姿はとても痛々しいものです。
止血の意味もあるのかもしれませんが、かなりギューー!っと包帯が巻かれていました。
10日後に抜糸ですが、左足が腫れてきてしまい、翌日病院に行き包帯を取ってもらいました。
余計に痛々しく見えました。(T^T)

当日は元気だったのに翌日になったら、下痢と嘔吐の繰り返しで食欲も全くなく、ハウスの中でぐたーっとしてしまい、いつもの元気なアル君の姿はどこにもありません。
ワンコ飼い初心者のソニベータとグーグーガンマは不安で不安でたまりませんでした。

2人は一時(いっとき)もアル君から離れず、だた見守ることしかできず、何回も病院へ電話をする。の繰り返しでした。
もちろん夜も眠れるはずもなく、ずーっとアル君に付き添っていました。(T-T )
「このままアル君にもしもの事があったらどうしよう…」そんな事ばかりが頭をよぎりました。
心配で心配で生きた心地がしませんでした。

小さな体で具合が悪いのにトイレ場(洗面所)まで歩いて行き、〇ンチをしようとしても、もう何も出ないのに、それでも〇ンチをしようとする姿に涙が止まりませんでした。

こんなに下痢がヒドイのに、具合が悪いのに、懸命にトイレまで歩いて行く小さな後姿は今でも思い出すと涙が出てしまいます。
『いいんだよ、アル君、ここでしてもいいよ』と何度思った事でしょう。

手術2日目からようやく少しずつごはんが食べれるようになり、嘔吐もおさまり、下痢も前日よりはよくなりました。
それでようやく、化膿止めの抗生物質を飲ませる事ができるようになりました。
それからは食欲も出て元気も出てきたので一安心しました。(≧ ≦)Ω

あの時は何もできない事が歯がゆくて、ただ祈る事しかできませんでした。
それも今では大切な思い出です。こんなに元気に成長してくれたので。
いつまでも元気でいてネ♪ずーっとそばにいるよ♪

この日を境に、病院の前に行くと逃げようとします。
そりゃ、そーだよね。(^◇^;)

アル君は「アルちん」とも言われています。
パピーのころは確か「アルファ」って呼んでいたなぁ。
それがアル君。とか、アル。になって、今がアルちんです。
パピーの頃のほうがアルちん。て感じですね。このころからshit、downはお手のものなのです。

プチダウン

このころはちっこかったなー。体が小さいから耳が余計目立つこと。

プチもっとダウン

ほれ、究極の”もっとdown”もしてるでしょ。

それシット?

shitは良くサボってたね。downくずれが多くて、オイオイただ寝てるだけだろってね。


今日もですが、朝ソニベータを駅まで送った時、霧雨だったので、「これなら、お散歩行けるかも!」と思い、アル君も一緒に出かけました。

でも、、、家に近付くにつれ、雨足が強くなってきてしまいました。(・_;)
仕方ないので、あまり良い事ではありませんが、立体の駐車場でちょっと遊ばせてもらっちゃいました。(ホンとはいけないんだけどー)

『アル君の歴史』とタイトルを付けたのは。。。
アル君がお散歩デビューする前、お外を歩く前の肉球の写真を記念に撮っておきました。親バカ丸出しですみませ~ん。
とーーーってもかわいい、ムニュムニュぷよぷよの肉球です

アル君の右手ー♪&左手ー♪
こんなでした♪ きれいだね~♪


そして右足&左足です♪
こどもだったね~ 今は立派な肉球になりました♪


なんか無理矢理感のある写真ですが、決してそのような事はありませんので、あしからず。(^^;)ゞ

今は肉球も硬くなり、立派になりました。肉球
うれしいような寂しいような、そんな気持ちです。

今の肉球は決してキレイとは言えない代物なので、ご容赦下さい。たはー

親バカと言われようが、ソニベータにバカにされようが、グーグーガンマには『宝物(アル君の乳歯)』です。
ママの宝物☆

まだ乳歯の時、ママはアル君の事がな~んにもわからなくて、「躾ノイローゼ」で目一杯の愛情を注いであげられなかったね。

アル君が小さい時、グーグーガンマは目を皿のようにして毎日コロコロでカーペットの上を掃除していました。(ー.ー")
アル君が下に落ちているモノを何でも口に入れてしまうので、神経質なくらい何か落ちていないかドキッと、ピリピリしていました。

そのおかげなのかどうかわかりませんが、乳歯をこれだけ見つける事ができました。
今では懐かしい思い出です。(チマチマとピンセットで並べてみました
並べるの大変でしたー

わたし的には全部見つけたつもりでしたが、全然少なかったです。たはー
調べてみたら、乳歯は全部で28本なので、後は食べちゃったか、見過ごしてしまったかですよね。
17本でもアル君の大事な大事な歴史です。(^○^)v
「乳歯入れ」に入れて大事にとっておくからね。
歴史が詰まってます

「乳歯入れ」、とてもかわいくて気に入っています。

トレーナーの先生にお願いする前に、サークルとベッドは必要だと思い、2wayのベッドを購入しました。(サークルはお友達から譲っていただいちゃいましたー
潰せば普通のベッド、広げるとドーム式のベッドになります。って常識ですかふきだし
初代ベッド
ドームの状態だとこんな感じ。でもこの状態でベッドとして使用した事はありません。やれやれ・・
ベッドなのにぃー!
来た早々、ベッドにオシッコをしベッドではなく、オモチャと認識してしまったらしく、甘噛みのせいもあって、ベッドを噛んで噛んで大変でした。
ベッドの底に鼻を突っ込んでガシガシやってました。
花咲じいさんかー!
その後もベッドの端を噛み、ボロボロにしてしまいました。
ボロボロになっていなくても今ではベッドに体が納まりきれなくて使えないんですけどねぇ~笑い
やっぱりね、そうですか…
アル君がガシガシ噛んだベッドの端を何回縫った事か。。。はぁ~

ここ何日か「手作りごはん」をサボってます。名目上は“緊急事態や病気(グーグーガンマが)などの状況の時はドライフードのみでも食べるようにする為”でーす。後付けですが。。。
「手作りごはん」は苦にならない程度に力を抜かないと長続きしないですからねぇ~。
言い訳がクドイよー